読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日あった「違うのに!」

コーヒーを飲みたいわけでもないのに喫茶店へ行く。

数日前、僕はその店に傘を忘れて帰っていた。

「ここで傘忘れちゃったんですけど」

と入り口で出迎えてくれた店員さんに言うと

「いつぐらいですかね?」

「多分三日前ぐらいだと思うんですけど」

「どんな傘でした?」

「ビニール傘です。透明の。普通のやつです」

「少々お待ち下さい」

店員さんは店の奥に入り、それから透明なビニール傘を5本持ってきた。

「この中にありますか?」

ああこれだな、と思う、はっきりと見覚えのある傘があったので僕はそれを指さして、

「ああ、これです。ありがとうございます」

とお礼を言って受け取った。

受け取って、それからふと店員さんの顔を見ると、

呆れたような、人を小馬鹿にしたような、実に不愉快な苦笑いの表情。

僕は何だこいつ、と思ったのだけど、まぁ用事も済んだので、店員さんに一礼して店を出た。

その帰り道、ぷらぷら自宅まで歩いている途中に、はっと気がついた。

僕の選んだ傘は、他の四本の傘と比べて、あきらかに新しくて綺麗だった。

思い返すと店員さんのあの顔は、

「こいつ、一番良い傘持って帰ろうとしてるやん。絶対自分の傘ちゃうやんそれ」

といった感じの表情だった。

なんてこった!違うのに!

このたまたま他の傘より綺麗なやつが!

僕の!本当に僕の傘なのに!

違うのに!