読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謝る

謝るときに相手に許してもらおうとして謝ったことは一度もない。

ここで謝らなかったら自分が自分に「こいつダッサ」と思われそうだな、というときに謝る。

自分のために謝る。

謝ったあとにつけあがって相手がやいやい言ってきても「お前のために謝ったんじゃない、帰れ」というスピリット。

 

心は腐ってるんじゃなくて発酵させている。