まわる

眠さが極点に達したとき、血が体中をぐるぐるまわっているのがはっきりと分かる。

腕から頭へ、頭から胴へ、胴から足へ。ぐるぐる、という音まで聞こえる。

眠気のピーク時にしか起こらない感覚。