読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンタさん

今この瞬間、どこか遠い国の豚小屋みたいな狭くて汚い部屋で奴隷の少年が寝床で丸まりながら「サンタさん、僕には名前がありません。みんなから番号で呼ばれるんです。名前をください」とお願いしていたらと思うと、胸がざわついて仕方がない。

サンタさん、どうか彼に名前を。