読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindleから来たメールに書かれていたこと

f:id:kuzushinsetsu:20170421070254j:plain

f:id:kuzushinsetsu:20170421070417j:plain

 

やかましいわ。

決意

僕がよく言うジョークの一つに、

「母は僕が生まれる前に死んじゃったんです」というのがある。

これが悲しいくらいに伝わらない。

「いや生きてるでしょ」とか「嘘じゃん」的な間違ったツッコミを入れられる。

もしくは

「そうなんだ…」とか「あっ、すいません…」的な間違ったリアクションを取られる。

でも折れない。

このジョークはこれからも言い続けていく。

理想形

誰かに見られたら褒められそうなことを誰かに見られた瞬間、全く無価値なものに変わる。

栗や松茸を届けていたことを兵十に気づかれること無くただ撃ち殺されるごん狐がベストエンディングだと僕は思う。

グッドエンディングではないけど、ベストエンディング。

特に無し

白衣を着た横分けのオッサンが

ひょうたんのような形をした模型を指差しながら

「研究の結果、我々の住む地球は球体ではなく、実はこのようなくびれた形状だったということが分かりました」という発表。

メモに筆を走らせる記者たち。シャッターを切るカメラマンたち。

そのテレビ中継を観ている視聴者たち。

みんな、

どうでもいいなぁ。と思っていた。

白衣のオッサンも、

どうでもいいなぁ。と思っていた。

白衣のオッサンは、

早く帰ってジグソーパズルの続きやりたいなぁ。と思っていた。

懈怠・倦怠・怠けたい

今ふと考えて安心することは妻子のいなかったことで、申し訳なさそうな表情一本槍で嫁だけに仕事をさせて僕は毎日家で寝ているだろうということ。

考えごとをしているふりをしながら何も考えないだろうということ。

善後策のない「仕事辞めていいよ」という空っぽの気遣い。言葉だけの言葉を吐くだろうということ。

隠していたこと

ずっときのこの山のほうが好きなフリをして生きてきたけど、本当はたけのこの里のほうが好き。

きのこのビスケットよりたけのこのクッキーのほうがおいしいし。

にせあまのじゃく

少数派の仲間がたくさんいるところで多数派の批判をするダサさ加減。

その場、そのとき、そのシチュエーションにおいてのマジョリティ側についた結果が世間的にはマイノリティなだけだったりする。

TPOに応じて常に変化していく空気を読んで空気を読まない選択をとり、真の天邪鬼を目指せ。